夫婦の絆の証である結婚指輪|ハワイアンジュエリーで絆を結ぶ

最高の選択をするために

リング

豪華なものが人気

婚約指輪はダイヤモンドなどの大きな宝石があしらわれているものが長年人気になっています。女性は色々なアクセサリーを身に付けますが、婚約指輪は他のジュエリーとは全く違う位置づけものなので、豪華なデザインのものが好まれます。結婚記念日や特別な日にしか婚約指輪を身に着けない人も多いので、スペシャルな気持ちを感じることのできる婚約指輪のデザインは今後も大きな変化はないと考えられます。一般的にはダイヤモンドが人気ですが、真珠やエメラルド、サファイヤなど、自分の誕生石を婚約指輪の宝石にしたいと望む女性も少なくありません。結婚の約束をした男性から贈られる婚約指輪は、女性にとって特別な意味を持ち続けるでしょう。

自分に似合うものを

豪華なデザインのものが好まれる婚約指輪ですが、自分の好みのものと言うだけで選ぶのは避けたほうが無難です。指にはひとりひとり特徴があるため、似合う指輪は異なります。一生に一度の大切な婚約指輪ですから自分に合うものであるかをじっくりと確認したいものです。指が長い人、短い人、太い人、細い人などによって似合うデザインは異なりますが、実は気をつけたいのは指の形だけでなく指の色です。ダイヤモンドは透明なのでどんな人にも比較的に合うのですが、サファイヤやエメラルド、アメジストなどの色の付いた宝石は、指の色によって似合う人と、そうでない人が出てきます。購入する前に、実際に自分の指に宝石を当ててみて似合う色を選びましょう。